歯科用マイクロスコープ

subpage01

歯科で歯の治療を行ったのに、中々完治しないことがあります。



それは、歯科治療は肉眼で行われることがほとんどで、原因の特定ができていない状態で治療が続けられる場合があるからです。

そのような事態を防ぐことができる歯科用マイクロスコープというものがあります。

マイクロスコープとは眼科や脳神経外科などの手術で使用されていた手術よう顕微鏡で、歯の治療のために開発されたのが歯科用マイクロスコープです。

20倍もの拡大ができ、肉眼では見えない歯の神経や虫歯の治療を精密に行うことができます。

歯の隅々まで確認し原因を完全に取り除くことができます。

例えば、歯の神経が死んでしまった根の中を消毒し、最近が感染しないように薬を詰めて歯を長く使用するための根管治療では、一般的には2次元のレントゲンを使用し歯の根を確認します。
そのため、根が重なっていたり、曲がっていたりするとレントゲンでは分かりにくいため治療の精度が下がります。しかし、根管治療専門医ではマイクロスコープを使用し、今まで見えなかった根の先端まで見ながら治療ができるので、精密な治療が行うことができます。

また、原因の特定だけではなく治療の場においても活躍します。

goo ニュースの情報を調べてみましょう。

例えば、歯を削る際に削らなくてはいけない部分を正確に確認することができるので、余分な部分を削らなくて済みます。


また、歯周病治療においても感染源である歯石の取り残しがないように綺麗にしたり、溶けてしまった骨を再生させる手術も精密な治療により歯茎や骨を再生させます。



このように、今までできなかった精密な治療を行い、歯の問題を解決してくれるのが歯科用マイクロスコープなのです。